効果のある家庭用キャビテーション機器おすすめ5選!自宅用エステマシンの失敗しない選び方

家庭用キャビテーションおすすめ

エステではキャビテーション痩身の人気が高く、痩せやすい身体にしてくれるなどの効果があります。

体質改善効果もあるキャビテーション痩身には自宅で出来るものもあり、家庭用キャビテーションなどと呼ばれていてエステに通わなくても手軽にする事ができます。

そこでここでは、家庭用キャビテーションを選ぶ時のポイントやオススメの家庭用キャビテーションをピックアップしてみたので「家庭用キャビテーションで痩せてみたい!」と気になっている人はぜひチェックしてみてください。

家庭用キャビテーションの選び方のポイントとは?

 

痩せたい部位を意識して購入する!

痩せたい部位を意識して購入する!

キャビテーションは部分痩せができるのも特徴で、自分がどの部位が気になるのかを意識して購入するとより失敗しないで家庭用キャビテーションを購入する事ができます。

その時の選び方では“ヘッド”の形状がポイント。

自分がどの部位が気になるのか考え、お腹や太ももなどが気になる場合ではヘッドの面積が広い方がオススメになります。

逆にアゴ下や二の腕などの面積が狭い部位では、ヘッドの面積が小さい方がオススメで小回りが利くマシンを選ぶ方が良いでしょう。

サブ機能が付いているマシンを選ぶ!

エステサロンでは、キャビテーションの他にも身体の内側から温めるラジオ波や筋肉を刺激してくれるEMSなどがあります。

家庭用キャビテーションでもそれらの機能が付いているマシンがオススメで、サブ機能が充実しているマシンを購入した方がキャビテーションの効果はより高まります。

その他にも、家庭用キャビテーションでは水溶性ジェルを使用するので防水機能付きのマシンの方が故障しづらく、お風呂なんかでも問題なく使用できます。

コストパフォーマンスで選ぶ!

コストパフォーマンスで選ぶ!

家庭用キャビテーションの価格は様々ありますが、高いものでは5万円以上はしてしまうので出来ればコストを抑えたいもの。

ただ、あまり安すぎるマシンを選んでしまうと効果や安全性などが気になるところです。

そのため、あまり安すぎるマシンは避けるべきで、適度な価格で効果などがある程度期待できる家庭用キャビテーションを選ぶ方が良いでしょう。

 

キャビテーションはいくら運動しても落ちくかった二の腕や頑固なセルライトにも効果的で、足痩せやお腹周りなどの部分痩せにも大きな効果が期待できます。

選び方などは様々ありますが、パフォーマンス重視のキャビテーションを選ぶ事で家庭でも手軽にキャビテーションの効果を感じる事ができます!

オススメの家庭用キャビテーション5つをピックアップ!

①ヤーマン キャビスパRFコアEX

キャビスパRFコアEX

RFボーテ キャビスパRFコア | ヤーマン公式通販サイト | ヤーマンオンラインストア
https://www.ya-man.com/shop/commodity/0000/rr00370ym/

メーカー価格 45,000円
機能 防水機能・ラジオ波・ダブル波EMS

家庭用キャビテーションと言えばヤーマンが人気で、その中でもキャビスパRFコアEXはオススメになります。

キャビスパシリーズではバストモードが付いているものと、そうでないものがありこちらはバストモードが付いているモデルとなります。

コードレスタイプで3時間の充電で30分使用可能。

防水機能の他にもラジオ波とダブル波EMSが付いているので、バストアップにも高い効果があります。

ヘッド部分も大きいので、お腹や太ももなどのキャビテーション効果も高いものとなっています。

キャビスパRFコアEX

購入して15日目で1年間停滞していた体脂肪比率が下がっていました!ノーマルタイプとバストアップタイプで迷ったのですが思い切ってこちらを購入。周波数は330kHzとやや脂肪層が広い人には向いていないですが、普通サイズの人ならば効果ありです。

②マインドエッジ キャビプラス

マインドエッジ キャビプラス

マインドエッジ キャビプラス
https://www.mindedge.co.jp/products/caviplus/caviplus2017/about/

メーカー価格 49,800円
機能 ラジオ波・EMS・赤色LED

マインドエッジのキャビプラスはコード式タイプになり、充電式よりもパワーが強い事が特徴です。

キャビテーション機能の他のも充実の3つの機能が搭載。ラジオ波、EMS、などでより効率よく脂肪細胞を除去してくれます。

赤色LEDは肌のケアに適した赤い光の波長となり、乾燥肌などにも効果があります。

防水効果はありませんが機密性のある防水タイプでは熱が逃げやすいので、お風呂で使う事がない方ならキャビプラスがオススメになります。

キャビプラスの口コミ

エステサロンのキャビテーションマシンと比べてしまうとややパワー不足かも知れませんが、家庭でキャビテーションが出来るのならこちらのものでも問題ありません。使った後は確かにお肉の部分は柔らかくなっています。

③綺麗堂 美ルルキャビスタイル

美ルルキャビスタイル

美ルルキャビスタイル<belulu CaviStyle>ビルル製品情報 | キャビテーションマシン
http://belulu.jp/product/belulu_cavistyle.html

 

メーカー価格 19,800円
機能 高周波(RF)、振動エステ、LEDエステ

美ルルキャビスタイルといえば1秒間に600万回の超振動によるキャビテーション能力です。

手のひらサイズでコンパクトですが効果は高く、家庭用キャビテーションならではのメリットが感じられるマシン。

サブ機能ではRF温熱、振動エステ、LEDエステの3つの機能をあわせ持ちキャビテーション効果をより高めてくれる事ができます。

LEDエステのみの使用ならば顔に当てて美顔器としても使えるので、美容効果の高いキャビテーションマシンとなっています。

美ルルキャビスタイルの口コミ

こちらのマシンが家に届いてからそれ程日数は経っていませんが、使用後の肌はなめらかになっている感じがします。友達が来た時などに今度マッサージのついでにキャビをさせてあげようかと思っています。

④ドクターシーラボ エステアップキャビ

ドクターシーラボ エステアップキャビ

エステアップキャビ-ドクターシーラボ公式通販
https://www.ci-labo.com/shopping/product/00045844/

 

メーカー価格 40,824円
機能 ラジオ波・EMS

・エステアップキャビの特徴
美容の総合メーカーのドクターシーラボの家庭用キャビテーション「エステアップキャビ」は防水機能が付いているのでお風呂の中でも使用する事ができます。

本体の持ち手がスティックタイプになっているので、手の届きにくい部位にも無理なく使用する事ができ、太ももの裏側や背中のお肉などにも簡単にアプローチが可能。

ラジオ波とEMS機能が付いているので、温めながらほぐして行くことで引き締まったボディにする事ができます。

エステアップキャビの口コミ

二の腕やお腹周りにも使いやすいので気にいっています。ラジオ波で温めながら使うととても気持ちが良いので、冬場などに使うとより気持ちが良いですよ。

⑤健康コーポレーション ボニックプロ

健康コーポレーション ボニックプロ

ボニックプロ|健康コーポレーション公式オンラインショップ
https://www.kenkoucorp.com/lp/af_bnc_pro_y/

メーカー価格 18,000円
機能 ラジオ波・EMS

プロのエステティシャン監修のもとに開発された家庭用キャビテーションマシンで、プロも認める効果があり脂肪を効率よく除去してくれます。

キャビテーション、ラジオ波、EMSの機能を組み合わせた2つのモードを搭載していて「HOTモード」「SHAPEモード」があり部位ごとに使い分ける事ができます。

さらに可変式のEMS機能も付いているため、リズミカルに筋肉を引き締める事も可能です。

ボニックプロの口コミ

1ヶ月ぐらいの使用の感想ですが、太もものボコボコしたセルライトがスッキリしたように感じます。硬くなっていたセルライトだったのですが、触った感じが明らかに柔らかくなっているのでこのまま使い続けていきたいです。

エステと家庭用のキャビテーションマシンの効果を比較!

キャビテーションマシンはエステサロンにもあり、家庭用と比べるとやはりパワーの違いを大きく感じてしまいます。

エステサロンで使われている業務用マシンは周波数が家庭用マシンと違い、脂肪の深い位置まで超音波が届くようになっているので、効果の“速さ”ではエステサロンの方が優秀です。

具体的なパワーの数値は、エステサロンでは17~40kHzの周波数で、家庭用では310~330kHzとなり周波数は小さい方が脂肪の深い場所まで届いてくれます。

ただ、家庭用キャビテーションであっても継続的に使用する事によって徐々に効果はあり、エステサロンより時間は掛かってしまいますが最終的な効果の違いではそれ程かけ離れているわけではありません。

エステサロンのキャビテーションコースなどは料金が数十万円してしまいますが、家庭用キャビテーションでは1度購入すれば長いあいだ使い続ける事ができるので、トータルコストを考えると家庭用キャビテーションの方がオススメとなります。

家庭用キャビテーションの効果が出るまでの回数や期間とは?

家庭用キャビテーションの効果が出るまでの回数や期間

エステサロンのキャビテーションコースなどでは1ヶ月ほどで効果を感じる事ができますが、家庭用キャビテーションではそれよりも時間は掛かってしまいます。

時間は掛かってしまいますが、効果がないとではありません。

家庭用キャビテーションの効果を感じる事ができる時期では、多くの場合が約2ヶ月ほどで効果を感じる事ができて、早い人では1ヶ月ほどとなります。

その他にもキャビテーションマシンごとに適正な使い方や1回の使用時間があり、その目安を守った方がより効果は出やすく、より安全に使用し続ける事ができます。

また、1回の効果はどれぐらいあるのか?という疑問などもあります。

キャビテーションは「〇回使用したから何キロ痩せる事ができる」という痩身ではなく継続的に使用する事で痩せやすい体質になり、脂肪が付きにくい体質になります。

家庭用キャビテーションを使う場合でも同様で、継続的に使い続ける事で少しずつ効果が現れていきます。

そして、より効果を感じる事ができる家庭用キャビテーションの使い方にもポイントがあります。

防水機能が付いたマシンではお風呂で使う事もできるので、体を暖めた状態で使用するとより効果的に使用する事ができます。

逆に防水機能が付いていないマシンでもキャビテーションを行った後にしっかりとリンパマッサージをする事で、乳化した脂肪の排出が促され効率よくキャビテーションの効果を得る事ができます。

その他にも有酸素運動などを取り入れる事によって効果を早める事もできるので、マシン+αの使い方が理想的な使い方となります。

家庭用キャビテーションの使用頻度や注意点とは?

家庭用キャビテーションの使用頻度や注意点

家庭用キャビテーションの1回の使用時間の目安は15分~20分となっていて、各メーカーの家庭用キャビテーションマシンの推奨時間などもそのぐらいの時間となっています。

使用頻度に関してもメーカーごとの推奨頻度では週に2回~3回が多く、同じ部位を毎日キャビテーションしたとしても効果が大きく変わるわけではありません。

逆に毎日同じ部位をキャビテーションしてしまうと、返って身体に負担を掛けてしまう場合があります。

そのため、各メーカーが推奨している使用時間と使用頻度を守る事が大切で、より安全に痩身効果を感じるためにも説明書などをしっかり読んで正しい使い方を守った方が良いでしょう。

注意点では、キャビテーションは皮膚の薄い場所などを使用する場合では注意が必用で、特に直接顔にキャビテーションを当てる事は避けた方が良いでしょう。

「フェイスモード」などがあるマシンでは問題ありませんが、その様な機能がない場合では顔に当てると超音波の目や耳への悪影響となってしまいます。

そのため、適切な部位をメーカーの推奨使用している時間や頻度を守る事が大切になり、家庭でのキャビテーション効果を実感する事もできます。

自宅でキャビテーションを使用した人の体験談を紹介

自宅でキャビテーションを使用した人の体験談

20代 女性
エステサロンに行くお金がなかったので、自宅で出来るキャビテーションを購入。早速使ってみたところ悩んでいた二の腕のお肉が少しスッキリしてきて効果を感じています。エステサロンに行かなくても大丈夫かな?と思っています。
30代 女性
お腹のお肉が気になり初めて「ダイエットしないとな…」と思っていたところ、通販番組で家庭用キャビテーションマシンが取りあげられていたので、まんまと釣られてしまいましたw家に届いて2週間ぐらい使っていますが、お腹のお肉は気持ち少なくなったかな?といった感じ。
20代 女性
足のセルライトがやばかったのでキャビテーションを思い切って買いました。1ヶ月の使用なので何とも言えませんが、凸凹だった太もも裏は触ってみると柔らかくなっているのは分かります。見た目というよりも触った感じにまず変化が起きました。
20代 女性
家庭でもキャビテーションができると知りネット通販で購入しました。マシンが良くなかったのか私には効果はあまり感じる事ができませんでしたね。2ヶ月使用したのですが、ちょっと買って後悔しています。
30代 女性
家でも手軽にキャビテーションができるので購入してみました。使っていて思ったのは結構面倒くさい…効果もハッキリとすぐには現れないので、少し根気強い人でないとこのマシンは向いていません。

家庭用キャビテーションのまとめ

家庭用キャビテーションはエステサロンに行くよりもコストを抑える事ができますが、効果の方ではやはりエステサロンの方が早く感じる事ができます。

ただ、キャビテーション痩身はじっくりと時間を掛けて行う事でより高い効果がでるので、自宅で空いた時間にメンテナンスをするには家庭用のマシンがあった方が良いでしょう。

また、家庭用キャビテーションには防水機能などがある物もありサブ機能も充実しているので、気長に継続的に使い続ければエステサロンよりもコスパも効果も充実したものとなります。